アラフィフトレーニングで気を付けるべきこと

若い時と違って、アラフィフになるとトレーニングで気を付けるべきことは別にあります。

新陳代謝が落ちて、筋肉が付きにくいとかもありますが、一番気を付けないといけないのはとにかく怪我です。

怪我の治りが遅いので、せっかくトレーニングが習慣化しても長期間(それもかなりの長期間)復帰することが出来ずに、そのままフェードアウトってことも、残念ながら周りには良くいます。

自分も腰を痛めて離脱しかけました。原因不明の腰痛で椅子にも座ってられない始末。ランニングをやっていた時に右の足首が慢性的に痛くなり、それをかばって走ってたら、腰を痛めた、と言うように考えています。

ただ、整形外科に行ってレントゲンを撮っても特に異常は無し。湿布だけもらう日が続いて一行に復帰の目処が立たず。自分の感覚としては骨では無く、右の背筋が突っ張っていて硬くなっており、それが痛みを引き起こしているような感じだったので筋膜リリースを試してみました。

初めはかなり痛かったですが、風呂上がりとかに定期的に腰回りをコロコロしていたら、段々と腰回りの突っ張り感がなくなり、1〜2週間程度で復帰することができました!

自己診断で何かをするのは危ないので、まずは医者に見せた方が良いと思いますが、あのまま湿布で対処してたらいつ復帰できたのかと思うとゾッとします。

腰や足など原因不明の突っ張り感がある方は、選択肢の一つとして筋膜リリースも検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、このローラーは思ったよりも大きいので、「これを腰に引いて大丈夫かなぁ」と思いますが(笑)、やってみると特に問題はありませんでした。


筋力トレーニングランキング


人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
にほんブログ村
↑画像をクリックして頂けますと、継続の励みになります!

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク