ダイエット停滞期(現状分析編)

スポンサーリンク

本格的に梅雨に入り出して、フィットネスには少し嫌な季節になってきましたが、自分としてもダイエットが少し停滞期に入ってきた気がして、ちょっと憂鬱です。

実際はどうなのか?を、まずは数値的な分析をしようと思います。

体重推移

先週に2kg減って、ジムと朝ウォーキング効果を実感していましたが、今週は傾向的には減ってきているものの、それ程の効果が見られなくなっているように感じます。

上が体重推移のグラフです。減少傾向は継続していますが、角度が緩やかになっています。コロナでジム自粛になる直前(3/4)が直近の最低体重(72.5kg)でした。

体脂肪推移

体脂肪を率表示ではなくkgの実数表示にしました。率表示だと、体重が増えた時に脂肪が増えたのか、筋肉が増えたのかが分からないからです。

こちらもコロナ自粛前が直近の最低体脂肪量でしたが、今週にそれに近い体脂肪量も出てきています。ただ、やはりコロナ前の減り方に比べると角度が緩やかですね。

スポンサーリンク

筋肉量の推移

筋肉量の上がり方も天井をうったような形になっています。この傾向線が正しければ、コロナ前までは筋肉を落とし、脂肪を落としていたから体重が落ちていたと言うことになります。

まぁ、この体脂肪や筋肉量は測るタイミングや水分量によって数値が左右されるので、絶対値としては正確とは言えないので、大きな傾向を掴むに留めておいた方が良さそうです。

現状の結論

ここまでの分析で、自分なりに導き出した結論です。

  • 体重推移が緩やかになってきたのは、体脂肪の減少がコロナ前に比べると緩やかな一方、筋肉量が付いてきているため。
  • 従って、注力すべきは体脂肪の減少。
  • ただし、筋肉量の増加もここに来て頭打ちになっている。トレーニング方法の変化が必要か?

以前に比べると食事の量は減ってきており、夜は遅くとも9時以降は飲食を行っていないので、そちらの対策はできていると思っていたのですが、それが結果に現れていないようです。

うーむ、どうすべきなのか・・・?と思っていたら、だいぶ活字量が増えてきたので(笑)、対策編は次回に続けたいと思います。


人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
にほんブログ村
↑画像をクリックして頂けますと、継続の励みになります!

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク